インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
効果指標を表す用語 > コンバージョン率

コンバージョン率

こんばーじょんりつ
Conversion Rate

コンバージョン率とは?

ウェブサイトへのアクセス数(=ページビュー)、またはユニークユーザーのうち、何割がコンバージョン(商品購入や資料請求などの、ウェブサイト上から獲得できる最終成果)に至るかの割合を示す指標。

トップページや商品紹介ページの、一定期間内のコンバージョン件数を、同じ期間内のアクセス数、またはユニークユーザー数で割って算出する。

また、インターネット広告などを利用した際は、獲得できたコンバージョン数を、各広告ごとに獲得できたクリック数(=ウェブサイトへのアクセス数)で割ってコンバージョン率を算出し、それぞれの広告のコンバージョン率を比較することができる。(図1参照)

(図1)コンバージョン率算出・比較の例

「コンバージョン率」に対する理解はどんな事に役立つ?

まずは自社サイトのコンバージョン率を知ることが重要!

コンバージョン率は、取り扱う商材やビジネスモデル、ウェブサイトのユーザビリティ(使い勝手)など、様々な要因によって大きく左右されます。例えば、不動産のような高額商品と、食品のような日常品では、コンバージョン率に大きな差があって当然です。また、ユーザーが商品購入をスムーズに完了できるよう、ウェブサイトのユーザビリティを改善した結果、コンバージョン率が向上するケースも多々あります。(図2参照)

(図2)コンバージョン率を左右する要因の例

このように、コンバージョン率は様々な要因に左右される為、「○%程度のコンバージョン率が普通」という、一般的な平均値は特に存在しないと考えてよいでしょう。
それよりも、自社のウェブサイトの、現状でのコンバージョン率を把握し、それを基準値として考える方が有効です。

コンバージョン率で自社サイトのの"販売能力"を知る!

この基準値(現状の自社サイトのコンバージョン率)はつまり、自社サイトの販売パフォーマンス(能力)といえます。ウェブサイト=お店までわざわざ立ち寄ってくれた人に対して、どれだけ実際に商品を販売できているかを測る指標です。

自社サイトのコンバージョン率が把握できれば、様々な試算が可能になります。
例えば、メール広告を出稿する場合。平均的なクリック率が1.5%で、配信単価が10円のメール広告媒体を利用するなら、自社サイトのコンバージョン率値を利用して、このメール広告媒体の利用が費用対効果に見合いそうかどうかをシュミレーションすることができます。(図3参照)

(図3)コンバージョン率値を利用したメール広告の費用対効果シュミレーション例

実際にこのメール広告を出稿してみて、広告からウェブサイトに来てくれた人のコンバージョン率が、自社サイトの平均値よりも高ければ、この広告からの見込み客集客は精度が高かったと言えます。逆に、平均値を下回るコンバージョン率であれば、セグメントなどを見直す必要があるかもしれません。

もちろん、メール広告に限らず、様々な有料施策にこの試算を応用できます。集客にどの程度のコストを許容できるのかをシュミレーションする為にも、自社サイトのコンバージョン率把握は重要です。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。