インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
効果指標を表す用語 > ページビュー

ページビュー

ぺーじびゅー
Page View

ページビューとは?

ウェブサイト、又はウェブサイト内の特定のページが閲覧された回数。アクセス数。
ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標。

ユニークユーザー数と混同しやすいが、ユニークユーザー数はウェブサイト(又はウェ ブサイト内の特定ページ)を閲覧した「人」の数。(図1参照)

ウェブサイトを訪問した人は、サイト内の複数のページを閲覧することが多いので、通常、ページビューユニークユーザー数より多くなる。

(図1)「ページビュー」と「ユニークユーザー数」の違い

「ページビュー」がわかるとこんな事ができる!

広告掲載先サイトの人気度を測り、どれぐらい広告を見てもらえるかがわかる。

インターネット広告、特にバナー広告を掲載する場合は、掲載先となるウェブサイトのページビューが重要になります。
ページビューは新聞や雑誌の「発行部数」と同じように、どのくらいの人の目に広告がふれるのかを把握するための指標だからです。

当然、ページビューの多いサイトに広告を掲載した方が多くに人に広告を見てもらうことができます。(その分、掲載費用も高くなります。)

ただ、ページビューでわかるのは、サイト(またはページ)が閲覧された回数のみです。サイト(ページ)の訪問者数までは把握できません。
その為、例えば同じ50万ページビューのサイトでも、訪問者(ユニークユーザー)数が10万人の場合と、40万人の 場合では、バナー広告の効果に差がでてくるかもしれません。

このように、ページビューは広告掲載先サイトの媒体としてのスペックを計るための最も一般的でわかりやすい指標です。しかし、必ずしもページビューだけで媒体力を正確に判断しきれるわけではありません。

バナー広告などの掲載先を選ぶ際は、このことも覚えておけば、より適切な広告掲載先を選ぶことができるでしょう

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。