インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
ウェブマーケティング > 検索エンジン

検索エンジン

けんさくえんじん
Search Engine

検索エンジンとは?

インターネット上にある情報を、キーワードで検索する機能。
日本では、Yahoo!の検索エンジンやGoogleの検索エンジンなどがよく利用されている。日本で現在利用されている主な検索エンジンのシェアは以下の通り。(グラフ1参照)

(グラフ1)国内の検索エンジン利用率

「検索エンジン」はビジネスにどう影響する?

自社サイトへの入口として大きなウェイトを占める検索エンジン

インターネットユーザーの9割以上が、探し物をする時にGoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用します。そのうち、過半数を占める53.8%のユーザーは一日5回以上の検索を行います。(グラフ2参照)

(グラフ2)検索サービスの利用頻度

検索エンジンはウェブサイトへの入り口として非常に大きなウェイトを占めています。
自社が提供する商品やサービスに関係するキーワードの検索結果画面上位に自社サイトのURLが掲載されることは、数多くのアクセスを獲得することにつながります。


自社商品やサービスに関わるキーワードでの検索エンジンユーザーは、有望な見込み客!

また、検索エンジンを利用するユーザーは、ピンポイントに絞り込まれた目的意識を持って、自らの意思で検索を行っています。特定のキーワードに関連する情報を検索するのが検索エンジンの役割だからです。

例えば、「フランス」産の「ビンテージワイン」を購入したい、「○○駅」近くの「イタリアンレストラン」を探したい、などです。

この事はつまり、インターネット上で何らかのビジネスを展開する人にとっては、自社のビジネスに関連性の深いキーワードで検索を行っている人は、高い精度で絞り込まれた、アクティブな見込み客であるという事です。(図1参照)

(図1)検索エンジンユーザーとインターネットビジネス

そのため、近年、検索エンジンを自社のウェブサイトに有望な見込み客を誘導する手段として、戦略的に利用しようという動きが高まっています。このようなマーケティング手法をSEMと呼びます。

検索エンジンを見込み客の獲得に活用する具体的な方法としては、特定のキーワードで検索エンジンの上位に表示されるようウェブサイトの調整などを行うSEO検索エンジン対策)や、任意のキーワードの検索結果画面に有料広告を掲載する、検索エンジン広告(PPC広告)などがあります。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。