インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典

ターゲティングメール広告

ターゲティングメール広告はどんなプロモショーンに向いている?

ミスマッチを最小限に抑えながら、積極的に新規顧客を開拓する。

ターゲティングメール広告に限らず、メール広告は、商品やサービスへの潜在的なニーズをもった人や、その商品やサービスのことを全く知らない人に、広告主から積極的にアプローチすることができる広告手段です。

このような、広告主からの積極的なアプローチによって、潜在的な見込み客のニーズや欲求を呼び起こし、行動を起こさせることができます。

特にターゲティングメール広告は、配信対象者を様々な条件で絞り込むことができるので、商品やサービスのニーズが顕在化していない見込み客にアプローチする際の広告費のロスを最小限に抑えることができます。(図1参照)

(図1)ターゲティングメール広告で広告費のロスを抑える

この為、ターゲティングメール広告は、「獲得単価を抑えて積極的に新規顧客を獲得したい」場合のプロモーションに活用すると、特に効果的です。

これに対して、商品やサービスを認知してもらうことが主な目的の場合は(画像)バナー広告、本当にその商品やサービスに対する切迫したニーズを抱えた、アクティブな見込み客だけにアプローチしたい場合は検索エンジン広告などが有効です。(図2参照)

(図2)ターゲティングメール広告と検索エンジン広告の違い
copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。