インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
広告の種類 > 掲載形態で見る > オプトインメール広告

オプトインメール広告

おぷといんめーるこうこく
Opt In Mail Advertising

オプトインメール広告とは?

広告メールを受け取ることを承諾している人に送信されるメール広告
特に、ある特定の分野(グルメ、ビジネス、健康など)に関する情報メールの受信を承諾した人に対して送信されるメール広告を指すことが多い。(図1参照)

オプトインメール広告の中でも、配信対象者を年齢や性別、居住エリアなど複数の条件で詳細に絞込みが可能なものを「ターゲティングメール広告」と呼ぶ。
「ターゲティングメール広告」は、受信者が広告メールの受信を承諾しているという点で、オプトインメール広告の一種と言える。

(図1)「オプトインメール広告」のしくみ

「オプトインメール広告」を利用するメリットは?

「広告」を「情報」として届けるから、高い効果が期待できる。

オプトインメール広告は、受信者がメール広告を受け取ることを承諾(オプトイン)しています。広告主の都合で一方的に送りつけられるスパムメールではないので、広告内容をきちんと見てもらえる可能性が高いと考えられます。

特に、特定の分野(グルメビジネス、健康など…)に関する「情報(=広告)」を受け取ることを承諾している人は、当然その分野に関する興味・関心が高いと推測できます。

例えば、「ダイエット」に関する情報の受信を承諾している人に、ダイエット食品やエステ、スポーツジムなどの広告メールを配信するなど、興味分野にマッチした広告配信を行うことで、高い効果が期待できます。

このように、オプトインメール広告は、受信者の興味のある分野に関する有益な「情報」として広告を配信することで、好意的なアクションを引き出すことのできる広告です。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。