インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
広告の種類 > 掲載形態で見る > オーバーチュア

オーバーチュア

おーばーちゅあ
Overture

オーバーチュアとは?

Yahoo!JAPANなどに掲載されるPPC広告、「スポンサードサーチ」の提供会社。
正式には「オーバーチュア株式会社」が広告サービス提供社名、「スポンサードサーチ」が広告商品名だが、一般的にはYahoo!JAPANに掲載されるPPC広告そのものを指して「オーバーチュア」または「オーバーチュア広告」と呼ぶことが多い。

Yahoo!JAPANのほかに、msn、fresheye、exciteなどの検索結果画面にもクリック課金型の検索連動型広告を掲載することができる。

(図1Yahoo!JAPANに掲載されるオーバーチュア広告の例

オーバーチュア」を利用するメリットは?

国内1位の人気を誇る「Yahoo!JAPAN」に検索エンジン広告を掲載!

オーバーチュアを利用すると、国内人気No.1の検索エンジン、Yahoo!JAPANに検索連動型広告を掲載することができ、たくさんの見込み客にリーチできます。

(図2)オーバーチュア広告の掲載順位例

例えば、「インターネット 広告」というキーワードでオーバーチュア広告を利用した場合。

Yahoo!で「インターネット 広告」というキーワードで検索が行われた場合に、検索結果画面にクリック課金型広告を掲載することができます。

クリック単価を上位3位以内に入札していれば、自然検索結果の上に広告が表示されます。(図2参照)

5位〜12位まではページ上部の右側、5位〜6位まではページを一番下までスクロールした最下部にも広告が掲載されます。7位、13位以降は検索結果の2ページ目以降への掲載となります。

このように、Yahoo!JAPANで自社の商品やサービスに関わりの深いキーワード検索が行われた際に、その検索結果画面に広告を掲載することで、実際にその商品・サービスに対するニーズを「今」感じている、アクティブで精度の高い見込み客にアプローチすることができます。

しかも、クリック課金型広告の為、ユーザーが詳しい情報を求めてサイトを見るために広告をクリックしない限り、広告費用は発生しません。

キーワードへのクリック単価入札価格によって広告の掲載順位をコントロールできる。

オーバーチュアの掲載順位は、クリック単価の入札価格が高ければ高いほど上位となります。

例えば、「インターネット 広告」というキーワードに、既に競合5社が出稿していた場合。
1位から順番に、クリック単価300円、298円、250円、190円、189円という入札額であれば、当然1位に掲載するには301円以上の入札を行う必要があります。(図3参照)

また、3位に広告を掲載しようと思えば、4位(現行3位)の250円以上、2位の298円以下で入札を行いますが、実際にクリックが発生した場合に課金されるクリック単価は、4位(現行3位)の250円より1円高い額、つまりこの場合は251円となります。

(図3)クリック単価入札価格と掲載順位の関係

競合広告主達も常に他の広告主の入札動向をチェックし、それに応じて入札価格を変更します。
その為、掲載順位はリアルタイムで変動します。常に掲載順位を固定しておきたい場合は、広告を特定の順位をに表示さることができる、「順位指定入札 」機能を利用することもできます。

ただし、重要なのは必ずしも広告が上位に表示されることではなく、できるだけ広告費を抑えて効率よくコンバージョンを獲得することです。

ライバル達の動向につられて、クリック単価をひたすら吊り上げ上位掲載枠を獲得することに熱中するのではなく、1コンバージョン獲得にかかるコストを冷静に見極めて、許容クリック単価を設定しておきましょう。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。