インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
広告の種類 > 料金体系で見る > アフィリエイト広告

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を効果的に活用するには?

まずは広告を掲載してくれるパートナーを増やし、一生懸命売ってもらう。

アフィリエイト広告を利用して、より多くの成果を獲得するには、まず、広告を掲載してくれるウェブサイトやメールマガジン(=アフィリエイター)をできるだけ多く募る必要があります。

広告掲載先となるウェブサイトやメールマガジンは、広告主にとってはいわば販売代理店です。当然、販売代理店を増やせば増やすほど、多くのユーザーの目に広告が触れることになり、成果に結びつく可能性も高くなります。

この販売代理店たるアフィリエイターは、1社の広告だけを掲載し続けるわけではありません。当然、より多く売れて、より利益の出る商材をたくさん売りたいと考えます。(図1参照)

(図1)アフィリエイトサイトにとって魅力的な商材

数ある商材(同じアフィリエイトプログラムに参加している他の広告主の商品)の中から、自社の商材を取り扱い商材として選んでもらい、一生懸命売ってもらう為には、それなりの工夫が必要です。

例えばその商材が、今世間で注目を集めていて売れているものであること、これから売れる可能性が高い商品であることなどの情報を定期的にアフィリエイトサイトに提供するとよいでしょう。
ショッピングモールなど、複数の商品を扱っている場合は、定期的に売れ筋商品を案内すると効果的です。


アフィリエイターにとって魅力的な成果報酬額の設定も重要。

また、同じような商材を扱っている競合が多い場合は、成果報酬額の設定を差別化する必要があります。複数の競合他社が、商品購入額の15%を設定している場合、商品自体によほど大きな特長がない限り、同じ成果報酬額では他社にうもれてしまいます。

同じような商材を扱う競合他社の成果報酬額を見比べて、アフィリエイターにとって少しでも多く利益を還元できる成果報酬額を検討する必要があります。

成果報酬額の設定については、予算との兼ね合いもありますので、アフィリエイト広告の運営ノウハウのあるインターネット広告代理店や、アフィリエイトプログラム提供会社の担当者などとよく相談して決めましょう。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。