インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
広告の種類 > 費用形態で見る > アフィリエイト広告

アフィリエイト広告

あふぃりえいとこうこく
Affiliate Advertisement

アフィリエイト広告とは?

成果報酬型のインターネット広告
商品購入や資料請求などの、最終成果またはクリックが発生した件数に応じて広告費用を支払う。基本的に広告掲載には費用がかからない。(図1参照)

アフィリエイト広告を利用するには、アフィリエイトプログラムを導入する必要がある。
アフィリエイトプログラムを導入すると、そのプログラムに掲載先として参加しているウェブサイト(=アフィリエイトサイト)やメールマガジンに広告を掲載してもらい、その広告経由で発生した最終成果のみを計測することができる。

(図1)アフィリエイト広告のしくみ

「アフィリエイト広告」を利用するメリットは?

成果件数に応じて費用が発生するから、ムダなコストを省き、効率よく成果を獲得できる。

アフィリエイト広告は、広告掲載に対するコストではなく、商品購入や資料請求などの最終成果の発生件数に応じて広告費用が課金されます。その為、広告主にとってはムダな広告コストを省き、効率よく成果が獲得できることが最大のメリットです。

成果が発生すると、広告主はアフィリエイト広告の掲載先となるウェブサイトやメールマガジンの運営者(=アフィリエイター)に、成果件数に応じて、事前に設定した報酬額を支払います。広告を掲載する側も、より多くの成果を獲得する為、広告の掲載場所や商品の紹介方法などに工夫を施します。

例えば、サイトやメルマガの運営者が実際に使ってみて気に入った商品として紹介すれば、第三者の視点から客観的に評価されている商品として、自分も購入してみようという訪問者が増えます。(図2参照)

このような掲載者側の工夫と努力によって、広告主もより多くの成果を獲得できる可能性があります。

(図2)アフィリエイト広告掲載者の工夫による成果増加の例

また、掲載者側は、自分の運営するサイトやメールマガジンで取り上げる話題、情報に関連性の深い商品の広告を掲載するほど、成果が発生しやすくなります。
この事は、広告主にとっては潜在的に広告対象商品に対するニーズを持った見込み客にリーチできるチャンスが広がることにつながります。

このように、アフィリエイト広告は無駄な広告費用が省けるだけではなく、通常の広告ではリーチが難しいターゲットにアプローチする機会を拡大します。
さらに、消費者同士の口コミ的な情報交換のネットワークを利用することができるしくみも持つ、優れた広告プログラムです。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。