インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典
広告の種類 > 費用形態で見る > クリック保証型広告

クリック保証型広告

くりっくほしょうがたこうこく
Click Guaranteed Advertisement

クリック保証型広告とは?

主にバナー広告で、一定のクリック数が達成されるまで掲載が保証される料金体系の広告。例えば、1万クリック保証の場合、1万クリック数を達成するまで掲載が続けられる。(図1参照)

また、PPC広告(検索エンジン広告)のように、クリック回数に応じて費用が発生する「クリック課金型広告」も、広い意味でクリック保証型広告ととらえられる事がある。

(図1)クリック保証型広告の費用発生のしくみ

「クリック保証型広告」を利用するメリットは?

クリック単価とクリック数が保証されるので、出稿前から費用対効果が明確。

クリック保証型以外の広告では、掲載期間(主にバナー広告:掲載期間保証型広告)や配信数(主にメール広告)、インプレッション数(主にバナー広告:インプレッション保証型広告)に応じて費用が発生します。

いずれの場合も、広告を見た人のうちどれだけの人が広告をクリックしてサイトに訪れてくれるか、という成果にはまったく関わらず、掲載(配信)費用が発生します。(図2参照)

これに対して、クリック保証型広告は、一定のクリックが達成されるまで掲載が続けられるか、またはクリックという成果がなければ費用が発生しません。その為、他の料金形態の広告と比較して、費用対効果が明確です。

クリック保証型広告を上手に活用すれば、無駄な広告費用をカットして、効率よくアクセスを獲得することができます。

(図2)クリック保証型広告と掲載期間保障型広告の違い

一方、広告の掲載先である媒体運営者にとっては、一定のクリック数が達成されるまで掲載を保証するタイプのクリック保証型広告は、リスクの大きい料金体系と言えます。

広告対象商品そのものや、バナー素材のインパクトに魅力が乏しく、十分なクリック数が見込めない場合でも、一つの広告枠をいつまでも同じ広告にあてなければならないためです。

その為、現在では、このタイプのクリック保証型バナー広告の取扱を中止している媒体もあり、出稿可能な媒体は限られているのが現状です。

※クリック数に応じて費用が発生する、「クリック課金型広告」(PPC広告)は、検索エンジン広告アフィリエイト広告などで幅広く利用が可能です。

copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。