インターネットビジネスを運営する人、始めたい人のためのインターネット広告用語辞典

PPC広告

ぴーぴーしーこうこく
2011.6.2. Renweal!
Pay Per Click Advertising

PPC広告とは?

掲載にはコストがかからず、広告が実際にクリックされた回数分だけ費用が発生する、クリック課金型のインターネット広告。

PPCは「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の略。

本来は上記のような、広告の課金体系を表す用語だったと思われるが、PPC広告の代表的存在である検索エンジン広告のことを指して使われていることも多い。

(図1)PPC広告課金のしくみ

「PPC広告」を利用するメリットは?

広告がクリックされなければ費用が発生しないから、効率のよい集客が可能に。

インターネット広告に限らず、広告というものは普通、露出や配信のボリュームに応じて費用が生じるものでした。たとえその広告を気に留めた人が一人もいなかったとしても、広告からたくさんの人がお店に来たとしても、支払う費用は同じだったわけです。

一方PPC広告は、広告がクリックされなければ費用は生じません。
クリック数の追跡が可能なインターネットならではの広告システムです。

基本的に広告内容にまったく興味がない人は、わざわざクリックなどというアクションを起こすことはありません。広告に興味を持った人=見込み客の、アクセス(クリック)という成果に対してだけ、その都度広告費を支払うわけですから、従来の広告と比べると極めてムダの少ない費用体系といえます。

(図2)PPC広告がクリックされるケース

検索エンジン広告だけではない、さまざまなPPC広告

PPC広告というと、一般的にスポンサードサーチ広告やアドワーズ広告など、検索エンジン広告のことを指すケースが多いようですが、クリック課金式のインターネット広告は検索エンジン広告だけではありません。

例えば、アドセンス導入サイトなどに掲載されるアドワーズのコンテンツ連動型広告や、Yahoo!リスティングの行動ターゲティング型広告、インタレストマッチなどもクリック課金式を採用した、PPC広告です。

また、アフィリエイト広告でも、広告を介しての最終成果(コンバージョン)に対してではなく、広告のクリック数に応じてアフィリエイターに費用を支払うタイプのものもあります。 (図2参照)

このように「PPC広告」という言葉は、検索エンジン広告の代替語として使われている場合と、純粋にクリック課金式の費用形態を指している場合があるので、注意して区別するようにしましょう。

また、PPC広告と同様、「リスティング広告」も検索エンジン広告の代替語としてよく使われますが、「リスティング広告」は本来、特定の条件に応じて表示される広告を指します。

検索キーワードに応じて広告がリスティングされる検索エンジン広告はもちろんリスティング広告の一種ですが、PPC広告と同様、コンテンツ連動広告や行動ターゲティング広告もリスティング広告に含まれます。

(図3)PPC広告と検索エンジンユーザー
copyright2006 OKURA co.,ltd. All rights reserved. 掲載内容の無断転用を固く禁じます。