'08. 4.4 ネット広告用語辞典を更新しました。
OKURAのネット広告 よくある質問 会社情報
ネット広告用語辞典
ネット広告の疑問、解決します。

スピードで比べる

他の広告と比較する

ネット広告の「スピード」を他の広告と比較してみましょう

最近、商売の意思決定スピードが問題になっています。

確かに意思決定のスピードが経営を左右するのは事実といえますが、これはなにも時間をかけて考えるなということではありませんし、感性でススメというのでもないと私どもは考えます。

昨今の経営環境から、慎重にあらゆる角度から事業やその発展施策を検討するのは当然必要ですし、結果として時間を費やすもの事実です。

しかしながら問題はココからです。
決定されたことをすばやく実行に移す。意思決定のスピードとは、意思決定がなされた策をいつまでに実施できるかという、実現スピードのことです。

販売促進策は短期の期間売上を目標に実施されます。
この目標達成のためのツール選びには、その意思決定から施策の実施までのスピードはもっとも重要なポイントとなってくることはいうまでもありません。

最短必要日数 時間明細として
郵送DM 14日 いずれも、制作時間+
発送準備時間を試算。
新聞折込広告 9日
街頭のティシュ配り 8日
ポスティング 7日 ※一般的な施策実施までの
必要日数として営業日数を
採用している。
ネット広告 3日

販促施策に関して、施策実施までの必要日数を試算してみました。 また、この必要日数は各方面で掲載されている広告制作日数を参考にしたものです。

「どんな策をとるべきか」という重要な意思決定には、膨大な経験や知識の蓄積が裏づけとして存在します。

最短必要日数をリスクという概念でみれば、その必要日数分だけ販促効果としてのリスクがあると考えられるのです。

ネット広告の導入、活用についてのお問い合わせ、ご相談はこちらから承ります。お気軽にご相談ください。


▲ページのトップへ